もう一花咲かせたい男のチャレンジ » 親の介護 » 親の介護の責任がかかってくる世代です

親の介護の責任がかかってくる世代です

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

 

親の介護。

 

妻の母親と現在同居している。

 

90歳。

 

認知症になっている。

 

時々、意識がはっきりしていることもある。

 

足腰が弱っているので、「夜中の徘徊」がないだけ、助かっている。

 

「これで、足腰がしっかりしていて、歩き回れたら、介護は大変だろうな」

 

と思う。

 

 

世の中には、そういう親を介護している人は多いはず。

 

皆長生きしますからね。

 

「長寿」

は人類の目標であった。

 

 

その人類の目標である「長寿」は、年々、寿命が延びてきた。

 

老人だらけ。

 

 

「いっぱいあるものは、値打ちが下がる」

 

という法則がある。

 

 

昔は、じいさん、ばあさんが少なかった。

 

若い人が多かった。

 

 

だから、老人が大事にされたのです。

 

ところが、ところが。

 

 

右を見ても、左を見ても、ジジ、ババ、ばかり。

 

相いう時代には若者は大事にされる。

 

希少価値がある。

 

では、町中にあふれんばかりの老人はこれから、どう生きればいいのか?

 

 

人生を考えることです。

 

仏教では「年を取る苦しみ」を4大苦悩の一つにしています。

 

 

だいたい、見た目にきたなくなる。

 

これがつらい。

 

ああ、17歳の美少年時代に戻りたいっ!!

 

鏡を見て、幸福な時間を感じた、あのころ。

 

 

シミやシワがない。

 

髪の毛も勢いがあった。

 

頭の回転も速い。

 

しかし60歳になると、当然ですが見た目にわるくなる。

 

 

これはうれしくない。

 

全くうれしくない。

 

ジュリーこと沢田研二。

 

 

先日の「コンサートのドタキャン問題」では、沢田研二のルックスにすいての厳しい意見がネットにあふれていた。

 

そりゃあ、いつまでも「ジュリー」ではいられないよね。

 

70歳なんだから。

 

 

そう、年をとると、頭と精神は子供の頃に戻っていく。

 

しかし、体は老人。

 

 

3歳の子供のウンチを始末するのは平気。

 

かんたん。

 

問題なし。

 

あたりまえ。

 

 

しかし、

 

 

老人の大便や小便を始末するのは、「強い責任感」「使命感」「義務感」なども必要になってくる。

 

3歳の子どものワガママは、かわいらしい面がある。

 

 

しかし老人のわがままは、かわいらしくない。

 

 

そういう老人を介護しなくてはならない。

 

いつまでも、元気でいてほしいのだが、そうはいかない。

 

日に日に「衰えてくる」のです。

 

 

1か月前までできていたことが、できなくなる。

 

大きな声を時々発する。

 

 

夜中でも、「いったい、なんだろうか?」と起こされる。

 

 

自分たちが子供の頃、やってくれたことの「お返し」なのか?

 

ここで、恩を返す意味もあるのかな。

 

 

精一杯、努力する。

 

親はいつまでも生きてはいられないから、「恩を返せるうちに返しておく」

 

 

悔いのないように、お世話をする。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ