もう一花咲かせたい男のチャレンジ » ニュース » 貴乃花に思うこと

貴乃花に思うこと

読了までの目安時間:約 2分

貴乃花が相撲界から去る。

 

同情の声が多い。

 

私も気の毒にと思う。

 

どちらかというと「被害者」の立場だったのに、追い出される格好になった。

 

政治力が弱かったのか?

 

たしかに「言葉が不足していた」のでしょう。

 

自分から対話を拒んでいるような印象を持ちました。

 

 

息子が「父親は引退するんのですが、カッコイイと思いました」

 

というようなことを言っています。

 

身近な人物から尊敬されているので、実際に、なかなかの人物のように思えます。

 

しかし。

 

相撲協会からは好かれていなかった。

 

「偉大な横綱」

 

ということは誰もが認めるのですが、相撲を離れた場面では、交渉下手なのでしょうね。

 

 

相撲界を改革するはずでしたが、弟子の不始末が響いた。

 

 

一番大事な場面で、弟子が「やらかした」わけですね。

 

しかし、これも運命なのでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ