もう一花咲かせたい男のチャレンジ » アーカイブ

日曜日のダラダラが自分をあせらすのです

読了までの目安時間:約 3分

今日は日曜日。

 

ビューティフルサンデー。

 

何もする気が起きない。

 

「何かしなければならない!!」

 

「このままでは、ダメだ!!」

 

と思い。

 

まずは机の上を掃除。

 

 

本やチラシ類を机の上から撤去した。

 

パソコンだけ。

 

シンプル。

 

これで少し気が落ち着いた。

 

 

そのままパソコンでユーチューブ動画。

 

ドラゴンボールやゴジラ映画を見る。

 

そうしているうちに、

 

「運動不足が、諸悪の根源ではないのか?」

 

そういう気がした。

 

なので、スマホでラジオ体操を部屋で見ながら、体操を3分程度。

 

 

3分やっただけで、ハードな気分。

 

筋肉が衰えているのでしょう。

 

加えて、体も硬い。

 

こういう「ラジオ体操」習慣を3か月続ける。

 

そうすると、何か、意欲のようなものが生まれてくるやもしれない。

 

 

ヤル気や意欲、そういうものは筋肉が作り出すのでしょうから。

 

ベッドのうえでゴロゴロしていて、やる気が起きるはずもなし。

 

 

気分転換にラジオ体操はいいアイデアだったかも。

 

習慣にしましょう。

 

習慣に。

 

毎日の軽い運動が、人生を良い方向に進めてくれるキッカケになるはず。

 

ラジオ体操と並行して、柔軟体操も加えよう。

 

体が硬いことはすなはち、老化の指標となる。

 

 

赤ちゃんは柔らかい。

 

90歳の爺さんの体は固い。

 

 

できるだけ柔らかいほうが良いのは当然ですよね。

人生に「もう一花咲かす」気持ち

読了までの目安時間:約 4分

 

 

人生に、もう一花咲かせたい。

 

60歳になってから、家にいる間はずっとベッドの上でゴロゴロしている。

 

 

何もしたくない。

 

意欲がない。

 

スマホを見てダラダラとすごす。

 

ドラゴンボールやハンター×ハンター。

 

気が付くと2時間くらいは、あっという間に過ぎているのだ。

 

このまま、名もなく、地位もなく、人生を終えるのか。

 

目立たず、ひっそりと、中小企業のサラリーマンで人生を終えるのか?

 

本宮ひろ志の「俺の空」や「サラリーマン金太郎」の主人公のような人生を送るのではなかったのか?

 

美女。

 

権力。

 

愛情。

 

お金。

 

それらを、思う存分味わい尽くすのではなかったのか?

 

しょせん、漫画の世界を楽しむだけの器量だったのか。

 

 

「楽しい人生」であったのかもしれない。

 

満足している気もする。

 

「これで、よかったのだ」

 

 

そう思う日もある。

 

しかし、休日の自由な時間をベッドのうえでグタグタと過ごした後には、後悔の気持ち。

 

 

「もっと、積極的に何かにチャレンジして、わくわく人生をおくりたい」

 

そういう願いもある。

 

しかし、願うだけの現状。

 

 

体力や気力が20代や30代とは、あきらかに違っている。

 

 

これはしかたがない。

 

60歳か。

 

 

まずは気力だね。

 

そして体力だね。

 

気力と体力がないと、チャレンジ精神が発動しないわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ